Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TPPについてよくわからないので大雑把に意見してみる

国全体で考えてがメリットが上回るようなら参加すべきだし、損失となるようなら回避すべきなんだろうけど、あまりにも項目が多岐に渡り過ぎていて、試算も大雑把にしか成り立たないだろうし、締結となれば法整備も追いつかないだろうってな感じて、こちらとしても大雑把な所感しか持てない。

ただ日本と外国と比較するに、物価や人件費に圧倒的な開きがあり、その開きを埋める意味合いも担保している関税を独自に調整できなくなるとなれば、競争にならずに生産を止める品目や職を失う業種が雨後のたけのこのように発生することは容易に想像がつく。

私も職業柄海外に買い付けに行きますが、これ日本に持ってけば数倍の値段で売れんじゃん、的なものをあちこちで散見します。
しかしながら、そのようなものに限って必ずといって良い程関税率が高く設定されていて、JETROの分厚い関税率が記された本をめくる度に、関税ってこと細かく精査されうまい具合に設定されているもんだな~と感心するものである。
アメリカだったら革製品や車、米や牛肉なんかはその筆頭。
VANSONのジャケットやパンツなんてアメリカでは日本での上代の3分の1くらいの価格で販売されていますが(為替レートにもよるけど)、日本にエクスポートするとして関税を乗っけてみると結局3分の2くらいになってしまう。
んなもんだから5着もかばんに詰めて、お土産で~すってな具合で関税をちょろまかして成田の税関を通って帰ってきて売ってしまえば、安く売っても一着2、3万円は抜けるので、航空券と1週間の宿泊費くらい出てしまう。
ヤフオクでも人気モデルや定番のものだったら十分いけるからアメリカに行かれる方は試しにやってみると良いよ。
もちろんTTPが締結される前にってのが前提だけど。
あ、ダメだ、きちんと課税対象のものは申告しましょうね(棒読み)。

今現在の私のイメージとしては、締結となれば一部の輸出関連企業や海運をはじめとした流通関連企業はウハウハ状態になるでしょうが、一方でデフレは必至で、失業者も増え、とどのつまり税収が減り社会保障の支出も増えるでしょう。
ここでは理由を端折りまが外国人労働者が増えることにも反対です。

冒頭で綴ったように多岐に渡り過ぎていてどれくらいのプラスマイナスがあるのかわかりませんが、確実に言えることは、兎にも角にも締結によってベネフィットを享受するファーストリテーリングの柳井さんも、そうでない日本共産党の志位さんも、ご自身の利益ではなく国全体で考えて意見して頂きたいということです。







テーマ:経済・社会 - ジャンル:ニュース

  1. 2011/11/04(金) 23:59:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これ欲しい! | ホーム | 本日は僕らのアイドルACQUAちゃんの誕生日です>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/793-5906ef55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。