Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロ野球開幕に賛成します

地震被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
私自身も思いの他大きかった被害や、なかなか普段の生活が取り戻せず、徐々に疲弊が募ってきていますが、被災地の方に比べれば、との思いで毎日を明るく過ごすよう努めています。
カンニングが新聞の一面を飾っていた頃が恋しいぜ。

政府、原発、東電、ガソリン、買い占め、海外の対応、仁科亜希子、近所のババァなどなど、この震災やそれに関連する様々について、称賛や批判、言いたいことが山ほどあり本が10冊くらい書けそうな勢いですが、様々な立場の方がおられるので当ブログの更新はこれまで謹んで来ました。
今現在もなんかヘタなことでも綴ろうものなら、こういう立場の人もいるんだバカ、と叩かれそうな雰囲気ですが、言論が統制された中国や戦中の日本ではあるまいし、私の意見やアイデアが何かの参考になったりすれば、との思いもありますので、昨晩からスポルトも再開されたことですし、世間の空気をほんの少しだけ窺いながらぼちぼち綴っていこうかと思います。
参考にならねーか。

で、そのスポルト早速観ました。
夜この番組を観るのは私のルーティーンワークだから、小さなことですがひとつ日常が戻ってきたことになります。

ご覧になられた方もいると思いますが、震災によるプロ野球への影響を重点的に取り上げていました。
ナべツネがオレ様パワーを振りかざし、プロ野球開幕を3月25日に決定したことがその理由でしょう。
視聴者アンケートでは開幕に95%が反対、4%が賛成、1%がどちらでも、という一方的な結果。
つまり私は4%のマイノリティーに属していることになる。

私が開幕に賛成なのは、勇気を与えるからとか夢を与えるからとか、そんなメンタル的なことではなく、ずばりカネを生むからだ。

少しずつよくなってはいるものの、現在でも被災者は大変な生活を余儀なくされているし、これからも厳しい状況は続くだろう。
生活を大変にしている主因である物資の不足は、道路などの流通網が破壊された為に起こっているが、しかしながらその部分については、働くおっさん達がすごい勢いで整備を進めてくれていて、あと1、2週間もすればかなり改善されることは確実。
となるとこれから復興に向けて必要となり工面すべきは他でもないカネだ。

経済が滞り税収が矮小化の途を辿れば、すなわちそれは復興の遅れを意味することは周知の事実。
被災地の復興のみならず、現在消防隊や自衛隊、東電職員、警察官などが、決死の覚悟で原発の鎮静にあたっているが、作業で被爆し身体に問題をひき起こす方が出ることは残念ながら免れそうにない。
国は被爆した隊員やその家族への補償を最大限にすべき、との声が多く聞かれるが、税収が減れば、割り当てるカネが少なくなることは必至。
そういった方の補償を十分なものにするにもまずはカネだ。

開幕反対側の意見に耳を傾けると、電力が不足している最中に照明で多大な電力を消費するナイターなんかで試合してる場合じゃねーよ、停電で電車が止まったら帰れなくて混乱を招くだろ、あるいは被災者への配慮といった声が多い。
それならばナイターの照明分の電力を生産性の少ない住宅地の電気を停めることで補ってはどうだろうか。
一見ナベツネなみの力技だけど、それ相応の意義があると私は考える。
スタジアムの照明をつけ試合を行えばカネが動き、カネが動けばその度に税金が発生する。
東京ドーム、横浜、神宮、千葉、西武、仙台、野球だけでも数十、数百億というカネが動く。
住宅地の方々、もちろん川崎市宮前区在住の私も含めてですが、彼我が暗闇の中で3時間を過ごすことで、プロ野球が開催され、カネが動き、税金が生まれ、それが復興に役立つと考えれば、耐えるに値する十分な事由だ。
スタジアムに電気を寄付すれば被災地にカネが寄付される、まぁ正確には税収で得られた国家予算が充てられるわけだから寄付ではないけど桶屋方式で被災地にカネが回るという構図だ。
一度経済学者何人かに試算してもらったらいいんじゃね。
そ~ゆ~の好きじゃん経済学者って。

あるいは東北電力、東京電力管轄のスタジアムは回避して、それ以外の地域のスタジアムで行う方法論もある。
管轄外でいくら電力を使おうが関東や東北の不足とは関係がない。
なぜならば関東と関西で周波数が違うので、最大で107万kw程度しか中部電力以西から東には送れないからだ。
北海道電力も60万kwの融通が最大。
ちなみにとっくにその措置は取られている。

プロ野球のみならず、経済効果の高いイベントはできるだけ開催に踏み切るべきだと私は考えます。
そして我々はタンスで眠っているカネを叩き起して積極的にイベントに足を運び、席を埋めてグッズを買ってビールをのんでどんどんカネを動かす。
寄付は億劫って方も、これだったらやれるだろう。
やれるよな。
やれ。
まぁ批判はあるだろうけど、そういった感じ可及的速やかに今まで通り、いやそれ以上の経済活動を行い税収アップに寄与することが直接被災していない我々にできるひとつのアティチュードではないだろうか。

もちろん福島原発は現在進行形であり余震も続いているので、状況が悪化した場合はその限りではないことはエキスキューズしておく。

なにが言いたいかというと平井理央はパンツから通常通りのミニスカートに戻すべきだ。
今まで通り、いやそれ以上の短さに。




テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/03/18(金) 16:50:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<買い占めの不可思議 | ホーム | 東北地方太平洋沖地震による配送への影響について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/715-a0266733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。