Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結局フィジ論

アジアカップの大活躍もあって長友選手のインテル移籍が決まった。

 長友佑都が世界王者インテルに移籍決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110201-00000301-soccerk-socc
     SOCCER KING 2月1日配信

大会MVPは、韓国戦の途中で出てくるなり勢い余ってファールを犯し失点に繋がるFKを与えてしまった本田拓也選手・・・ではなく圭介の方の本田選手でしたが、個人的にはあれはミズノが大会のスポンサーだった因果であって、本来ならば長友選手が妥当だったのではないかと思っています。
もちろん本田選手も素晴らしかったけどさっ。

現在世界ナンバー1リーグはリーガだとかプレミアだとかの議論がありますが、それでも守備に関しては未だにセリエAが一番成熟していると私は考えている。
その中でも常にトップに君臨するインテルへの移籍なのだからDFとしてこれ以上の移籍はないだろう。

先日チームメイトのモツが
「サッカーって結局フィジだかんね~、メッシもなにがすごいってフィジでしょ」
なんて話をしていた。

一理ある。
結局までとは言わないまでもかなり重要だと思う。
特にサイドは。

我らが三菱養和SCが関東大会の準決勝でSC相模原と対戦した際、チーム発足以来ずっと右サイドバックのポジションを守ってきた#2も、相手の俊足サイドアタッカー#15についていけずに縦を突破され失点。
その直後も#15の裏に蹴って走る単純な手段についていけず、ファールで止めて前半途中で交代を余儀なくされた。
そのSC相模原だってSGシステムとの関東リーグへの入れ替え戦で、世代別の日本代表にも入って長年エスパルスで活躍してきた鈴木隼人選手が左サイドバックだったんだけど、その鈴木選手でさえもSGシステムの右サイドの#3と#4の速さについていけず、同じようにファールでしか止められなくて途中交代させられていた。
インテルのサネッティだって経験豊富で読みもポジショニングも抜群なんだろうけど、トットナム戦でぽっと出の若いベイルに3回も縦に蹴られてちぎられて3失点してたし。

戦術とかポジショニングとか駆け引きとかすげ~細かいことまで勉強してきても、圧倒的なフィジカルを持った選手が蹴って走っただけで、そんなもん簡単に破られちゃったりするんだよな、サッカーって。
今まで学んできたことはなんだったんだっ、てな具合に。

そういった意味で長友選手は攻撃でも守備でも十分通用すると思います。
頑張れ長友!

国際舞台での成績や選手の活躍で、ここのところ海外で日本選手の価値が激しく上がっています。
とはいっても海外への移籍で日本のチームに入る移籍金は、未だせいぜい数千万円。
何十億円という大きな移籍金がJリーグのチームに入るようになれば、日本のサッカー界はすごい勢いで良くなると思います。
代理人も頑張れ!








テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/02/01(火) 17:02:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<私は紅茶でフィジ上げます。 | ホーム | 小沢氏強制起訴におもふ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/694-ca07deb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。