Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

港区三田2-5-4

表題の住所は、他でもないイタリア大使館。
ヤボ用でうかがいましたがビックリ。

坪単価いくらよ?ってな超一等地に、一流ホテルのような建物。
なんでも鑑定団に出したならば
「これはいい仕事をしていますね~」
と確実に鑑定団を唸らせるであろう、見事な絵画や家具や彫刻などの調度品。
高級レストラン並みの設備と面積を誇るキッチンに、大理石のエントランス前に停まるはマセラッティ。
庭園はサッカーグラウンドが1面とれるくらい広大で、その傍らにはもう1面サッカーグラウンドがとれてしまうくらいの面積の池、などなど。
(注:イタリアなんであえてサッカーグラウンドという尺を用いました。あえてというところがポイントです。)

TS3G0724.jpg TS3G0729.jpg

イタリアのみならず、大使館といえば軒並み一等地に存在していますが、建設費や維持費は各国の国費で賄われているのだろうか、それとも日本の国費から捻出されているのであろうか。
大使館の敷地内は各国の法律に基づくことは広く知られているが、土地建物などの資産や、そこで働くシェフやメイド、庭師などに発生する賃金にかかる税金は、どちらの国の税制に則り、どこに納められるのであろうか。
世界中に大使館は存在するが、上記のような取り決めに国際法や国際基準のようなものは存在するのだろうか、などなど。
仕分けがブームの日本の昨今では珍しい、やたら必要以上に豪華な施設なだけに、多くの疑問が去来しました。

建物や調度品などなどについて記されているであろうHP。
http://www.ambtokyo.esteri.it/Ambasciata_Tokyo/Menu/Ambasciata/La_sede/
イタリア語なんでなんやわからん。

本日目にした "などなど" につきましては、折りをみて調べてみたいと思います。
Ciao!







テーマ:日記 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/12/10(金) 23:59:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パラメヒコマン | ホーム | 海老蔵記者会見雑感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/677-cc3c2a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。