Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横浜ベイスターズ売却

TBSが横浜ベイスターズの売却先を模索しているらしい。

マシンガン打線は今や昔の物語、現在ではマシンガン敗戦がチームのお株、今シーズンも90敗の大台をゆとりをもってクリアされております。
おめでとうございます。

弱すぎて客が入ず、スポンサー収入もグッズの売り上げもろくに上がらないという逆シナジーがマシンガンのごとく赤字を生みだし、シーズンが終わりに近づき震える手をなんとかコントロールしそろばんをはじいてみたら30億という莫大な数字を叩きだしてしまったことが親会社であるTBSにとって耐えるに耐えきれない痛手となったようです。

ただ30億円といっても球団のキャッシュフローの額から鑑みるに、そのくらいの額ならちょっとした企業努力でどうにでもなるのではないかとも思います。
巨人戦、阪神戦や休日のゲーム以外は小さな球場を使うとか選手のインセンティブの部分を上げて年棒を抑えるとか斎藤祐樹を裏金たんまり積んで入団させ戦力&人気アップを図るとか選手を48人に絞るとか。
そんな直ぐに売却してもサンクコストが大きいままだろ。
まずはブレインとして蓮舫を社外取締役に据えることをお勧めします。

TBS自体も本業の放送事業がふるわず、10年3月期には連結で初めて23億円の純損失を計上してしまいました。
そういった事由も売却の背中を押すかたちとなり、既に住生活グループや日清食品といった優良といわれる企業との間で話が進んでいるようですが、ベイスターズを買収した2002年、そのTBSも紛れもない優良企業でした。
今現在優良であっても、わずか数年で赤字企業に転落することがなんら驚きもないこのご時世。
武富士なんか一族が毎年ずらりと高額納税者トップ100に名を連ねてたかと思ったら、ルール改正されて破産してやんの。
なにが起こるかわからん。

そんな昨今ですので、企業の経営状態が優良かどうかというよりも、その場で一番カネを積んだ企業、あるいはプロ野球チームのオーナーになるのが夢だったけ~赤か黒かは二の次じゃ、といったロマン溢れるオヤジが経営する企業へと売却されることを強く希望する次第であります。











テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/10/01(金) 14:08:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Safari10月号掲載!RED PEPPER(レッドペッパー)ニューモデル販売開始! | ホーム | ベッコリいった>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/665-078e55ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。