Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スポーツは急にうまくなる

よくさぁ、スポーツをしていると、
「練習すればだんだんうまくなるよ」
みたいなこと言われたりすんじゃん。
でもアレって間違いだと思うんだよね。

確かに始めたばかり、まだ初期の段階では、やる度に何かを身につけ、それこそやる度にだんだんうまくなるんだけど、それを繰り返してある程度のレベルに達すると、練習しているのにうまくならないってところに絶対ぶつかると思うんだよね。

停滞期とか伸び悩みとかプラトーとか聞いたことあるでしょ。

それが長いこと続くと、自分はこんなもんなんだなと素質に見切りをつけて、限界を設定したり、そこで諦めてやめてしまう人も多い。
この選手はこんなもんだ、と決めつけてしまう指導者までいる。

率直に申し上げてバカなのではないでしょうか。

私がジムに通いはじめて18年が経とうとしている。
今では初対面の人には大抵、
「体すごくないですか!」
みたいなことを言われるまでになった。
他になんかないのかよと思うわけだが。

確かに18年という長いスパンでみれば、だんだん身体が成長して今に至るのですが、例えば1年という単位で鑑みると、決してだんだん成長してきたとは言い難い。
身体を大きくしようと、毎日限界までトレーニングを行い、限界まで喰っているのに、あくる日ジムに行って体重計に乗ってみると、体重が全く増えていない。
トレーニングで扱える重量にも全く変化がない。
そういう日が続く。
だが、そこで限界だと思わずに、自分が考え抜いた食事法、トレーニングメソッドを信じて、2ヶ月、3ヶ月と辛抱強く続けていると、ある日いつもと同じ体重計の数字が突然増える時が来る。
はじめは、
「塩分摂り過ぎて身体が水含んでんのかな」
とか、
「あれ、今日うんこしなかったっけかな」
など、何らかの理由で誤差が生じたのかと疑うのですが、翌日も、その翌日も、体重計に乗る度に体重が増加し、それに伴って100kgしか挙がらなかったバーベルが105kg、110kgと日に日に増えだし、それが身体の成長であることを実感する。

このように変化がない日が続いて、変化が起き、また変化がない日が続いて行く。
そういうことの繰り返しだ。
変化がない時期を、1ヶ月で打破できる時もあれば、半年以上かかることもあった。
確実に言えるのは、自分を信じ、情熱を持って打ち込み続ければ、いつか必ず変化は起きるということだ。

身体がこのように突発的に変わるのだから、スポーツでのパフォーマンスが突発的に変わっても何ら不思議ではない。
スポーツだけにとどまらず、英会話だって、腰痛だって、しゃべりだって、左官だってそうだと思うんだよね。

成長期とか覚醒とかネクストレベルとか聞いたことあるでしょ。

幼い時、自転車に乗る練習をした。
それまで付けていた補助輪をとって、父や姉に倒れないように自転車をおさえてもらいながら、何度も練習をした。
やがて乗れるようになったのですが、そのプロセスを紐解くと、10m、50m、100mと、だんだん距離を伸ばして乗れるようになったわけではない。
ある時突然、急にどこまでも乗り続けられるようになり、その後は今まで乗れなかったことが嘘のようにかんたんに乗れるようになる。

スポーツは急にうまくなる。
最近、週に4回も5回もサッカーの練習をしているのに、全然うまくなっている気がしません。
そう思わないとやってられないっす。








テーマ:スポーツへの純粋な想い - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/06/08(月) 07:34:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マンハッタンポーテージ全モデル一斉値下げ | ホーム | キター!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/523-50929316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。