Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WBC2次ラウンド決勝にみた原ジャパンのすごさ

●国際試合の経験も申し分なく、杉内同様、対戦経歴のない外国人には打ちにくいであろう左の変則型で代表入りが確実と思われた和田を引きずり落として代表入りした巨人の内海を先発に。
和田の落選を、早稲田時代からの熱愛オファーをものの見事に一蹴してダイエーに入団したからじゃね?などとは言ってはいけません。
2回2/3を1失点とまずまずの結果を残す。

●内海の先発を受け、日本ではチームメイトである巨人の阿部がごっつぁん先発マスク。
足の怪我が理由に代表落ちをした松中よりも肩の怪我が深刻とか、スモールベースボールで守備重視なら細川入れときゃいいのに、などとは言ってはいけません。
終わってみればチームがバラバラの7人の投手を牽引し2失点、自身も1安打を放つなど及第点と言えましょう。

●4回表、これまでチーム4本のホームランのうち2本を放っている大当たりの村田が走塁時に足を負傷、走れて小技もあるタイプで経験も実績もある選手が名を連ねる日本代表、松中や栗原などの長打力がある選手をもう一枚入れておいたほうが、との周囲の声を封じ込め代表入りした巨人の亀井が代走に。
巨人の将来の為にイチローの傍らで修行させたいんだろ?などとは言ってはいけません。
1点を争う緊迫した場面で見事に盗塁を決め、その後に回ってきた打席ではヒット、8回は犠打でランナーを進め大量得点に繋げるなど申し分ない仕事っぷり。

●7回裏、一発を浴びたマー君に代わり、巨人の山口をマウンドへ。
内海と同様、左だったら和田入れときゃ中継ぎはもちろん先発も出来るじゃん、などとは言ってはいけません。
突如制球が狂う癖も出ず、打者2人をピシャリ。
途中バットをへし折るなどの力強さも披露してくれました。

●圧巻だったのは8回表、2ー2、ランナー1、3塁の勝ち越しの場面で、この日2階席まで運ぶホームランを放っている内川に代え、今大会の大ブレーキ、とりわけ左ピッチャーに対してはボールと全く関係ないところをフルスイングしてきた巨人の小笠原を代打に。
日本じゃ数字を残してるけど国際試合じゃ鳴かず飛ばずじゃん、などとは言ってはいけません。
右ピッチャーだったので左の小笠原との意図が見て取れましたが、その後の打順は、亀井、岩村、阿部と左バッターが続く為に、当たり前に左ピッチャーに代えられ、日本中に諦観に似た徒労感が漂うなか、バランスを崩しながらもしぶとくライト前に運ぶ勝負強さ。



終わってみれば6-2の圧勝。
原ジャパン及び原采配の本当のすごさをみせて頂いたような気がします。
本当にありがとうございました。
決勝トーナメントは巨人の為ではなく、日本の為の采配を心よりお願い申し上げます。









テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/03/22(日) 23:51:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<感謝!400エントリー達成! | ホーム | WBC2次ラウンド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/493-143b1ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。