Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本サッカーに喝っ!

表題は先程放送されたTBS・JスポーツスーパーサッカーPLUSの企画です。
私はこんなアレなタイトルつけません。
で、この企画のいくつかのお題のなかで、金田喜稔さんが唾を飛ばしながら言及していた、1対1の不足に関する議論が特に興味深かったので、そのあたりについてちょろっと。

確かにアタッキングサードにおいても、パスコースを模索することにプライオリティーをおく選手が、プロアマ問わず日本人選手には多い気がします。
そこで仕掛ける意識を持つ為には、金田さんのおっしゃる通り、パス主体の練習が大半を占めるスタンダードを崩して、1対1の練習をもっと増やすのが一番ではないかと。
1対1の練習は、オフェンスであってもディフェンスあっても、フィジカルはもちろん、駆け引きやリアクションスピードが要求される為、高い集中力が必要で、本数を重ねるのは身体にも頭にも非常にハードな練習です。
無意識のうちに避けていることも多いかと思います。
私もこれからもっと増やして行こうと思います。
金田さんありがとうございました。
それでは。

と更新ボタンを押してパソコンの電源を落としたいところですが、神崎ここでは終わりません。
私、1対1に加えて1対2の練習も必要かと提言します。
既にたくさん行っている方はさすがです。
1対1に勝てばオフェンス側は得点の可能性が大きくなり、一方ディフェンス側は失点の可能性が大きくなるのは、サッカーをやらない方でも容易に想像がつくでしょう。
ディフェンス側も1対1に敗れるごとに失点していては勝負にならないので、その対策としてセンターバックを主とした選手が、ボールにアプローチする選手のカバーに入ります。
ボールにアプローチする選手は一方を切り、カバーに入った選手がもう一方に比重を置きながらカバーする、つまり実際の試合では概ね1対2という状況が出来上がっています。
現在世界で最高のアタッカーとされるC・ロナウドやメッシが世界で最高のアタッカーとされる所以は、この1対2の状況を、ディフェンダーが切っているはずの狭い方、あるいは2人の継ぎ目を切り裂いて打開してしまうからではないでしょうか。
その後、得点に繋がることが多いのは言うまでもありません。

つ~わけで、1対1はもちろん、1対2の練習を増やすことで、日本サッカーのレベルがググ~ンと上がるのではないかと思いました。

それでは日本代表の皆さんバーレーン戦頑張って下さい。
私も明日は試合です。
1対1で負けない為に、もう寝ようと思います。
でもカバーはお願いします。
それでは。


※追記
最近Jリーグ入りを狙う某選手とよくプチ合宿を行っています。
2人では1対2が出来ないので一緒にネクストレベルを目指す有志を募ります。
左 : 大宮のホテルで眠る某
右 : 我が家で眠る某
1.jpg   2.jpg









テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/09/07(日) 02:11:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お仕事日記 | ホーム | 歯医者>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/442-4bf9f682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。