Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今そこにある結婚ラッシュ

2、3年前頃から結婚披露宴にお招き頂く機会がやたら増えてきた。
まぁ友人の多くがそういう年齢を迎える頃なのだから必然と言えばそれまでなんだろうけど、それにしても近頃多すぎる。
いやっ、もちろんめでたいことではあるんだけどさっ。
その度に、御祝儀や二次会、タクシー代等で出動していく福沢諭吉先生を、通年で数えてみるとかなりの人数になる。
招いた側からすると、そちらはそちらでそれなりの費用がかかっているのだろうけど、あのくらいのフランス料理のコースなら、昼間ならば8千円も払えば食べることは出来るし、引き出物も不必要なものばかり。
こう何度もお招き頂いていると、、ケーキ入刀やキャンドルサービスも、余興で歌われる安室やKiroroも、かつ舌の悪い上司による "結婚生活に大切な袋の話" も、正直なんの刺激もありゃしない。
そうは言っても、当人にとっては一生に一度のめでたいイベントだから、その名の通り、祝うカネ "御祝儀" として必要経費と考えてよしとしているのですが、その一方で数年前に結婚するとかしたとかで披露宴にお招き頂いた夫婦が次々と離婚していたりする。
なんなんでしょうか。
当人は離婚に費やしたエネルギーや慰謝料がどうとかで、多くの人にカネや時間、エネルギーを費やして祝ってもらったことなど既に忘れてしまったのか全く気にしていないご様子。
それはあなた方が、両親をはじめとした親族や親しい友人、そして神の前で、自信満々で交わした契約の不履行によって当たり前に生じる事例だと思うのですが、はて。
そうは言っても、結婚も社会のルールのひとつとするならば、離婚も社会のルールのひとつであるし、この私もゆくゆくは結婚したいと思っていて、結婚出来たならば離婚する可能性が皆無とは断言出来ないので、ギブアンドテイク的な致し方ないものなのかなと自分自身を納得させていたのですが、なんと先日、過去に結婚式にお招き頂いたものの数年前に理由あって離婚した友人が、その後お付き合いをしていた方と結婚するとかで、またもや披露宴の招待状を送りつけてきやがった。
2ターン目に突入か?
またおまいの為にスケジュールを調整してネクタイ選んで御祝儀包んでスーツをクリーニングに出さなければならないのか?
何ターンで終了の予定の目論見だ?
悲劇は繰り返すから悲劇とでも言いたいのか?
正直謹んでお断りさせて頂きたい次第ではありますが、それもアレなんで、断腸の思いで "御" の字を塗つぶして出席にちからなく○をしました。
めでたいことであることは間違いないので、その際には御祝儀も包ませて頂きますが、過去の誤結婚の際にお包みした誤祝儀に関しましては、耳を揃えて熨斗付きでお返し頂きたいと強く要求するものであります。

などとはこれっぽっちも思っていません。
この度は本当におめでとうございます。
                敬具
















テーマ:結婚式 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2008/02/27(水) 14:01:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1ドル103円だってよ | ホーム | Mixiの楽しみ方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/362-1bb22705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。