Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

食品危機を生き抜く方法

 中国製ギョーザで中毒症状
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/gyoza_with_methamidophos/

餃子を火付け役に、目下ものすごい勢いで他の食品にも延焼しており、鎮火の気配は現在のところ全く見えません。
まるでカルフォルニアの山火事を思わせる様相を呈して参りました。
中国寄りの朝日新聞やテレビ朝日も大々的に報じている現状をみると、かなりの惨事ということが見てとれます。
これに端を発して中国製の食品を全てスクリーニングにかけてみましょうとかいう動きになったら、それは全てが倒れるまで止まない壮大なドミノ倒しの始まりを意味します。

私はそんなにデリケートな人間ではありませんが、体を鍛えているので、食あたりを起こすと摂ったものが吸収されない&運動時は脱水症状によって露骨にパフォーマンスが下がる等の理由で、食べ物には意外と気を付けています。
かのボブサップも食あたりを起こすと体を維持出来ないので、熱を通していない食品は極力避けていると語っていました。
あんなに大きな体をして目に見えない程の小さなウイルスを恐れているとは一見意外な感じがしますが、ちょっと考えれば体を大きくする為には必要不可欠な留意点であることは誰にでも理解出来るのではないでしょうか。

取り沙汰されている中国製食品以外にも、ちょっとやばいんじゃね、という食品は巷間でちらほら散見出来ます。
例えばコンビニのおでんも、客の臭覚を刺激する為なのか視覚を刺激する為なのか、レジ横に蓋もしないでボンと置いてあるんだけど、ツバやホコリは当然入るだろうし、バイト経験のある友人曰く、汁に落ちて浮いている虫をマメに取り除くのは業務としてデフォルトらしい。
夜は巨大な誘虫装置と化す田舎のコンビニなんかは酷いものだろう。
掃除すると底に髪の毛が当たり前に沈んでるとも付け加えていた。
なるほど、どおりでいいダシがとれてるわけだ。

んじゃどうするって考えたんだけど、中国製の食品に留まらず、国内の上場企業や、それなりに歴史のある老舗においても異物混入や偽造表示が顕在化した昨今、安全なものとそうでないものの峻別などつけようがないのが現実です。
運にまかせるしかないっしょハハハ、とアホヅラして開き直るのもアレだし、かといってオーガニック食品以外は口にしませんとか自給自足しますってのも不可能ではないだろうけど、大地震と同様に、それに完璧に備えてたらそれだけで生活の大半を費やしちゃうような気がするんだよね。
そんな人生ってエキサイティングか?

んでもってボブサップの熱を通すってのはさすがだなって改めて思ったんだけど、それ以外の対策として私が導き出した答えが咀嚼。
つまりはよく噛む。
唾液に含まれるリゾチーム、ラクトフェリン、免疫グロブリンIgA、 ヒスタチン等の物質の殺菌作用や抗菌作用ってかなりのものらしいからそれに期待する。
そしたら仮に変なもん口にしちゃっても、ダメージを軽減出来るでしょ、確実に。

食品を選ぶ際の "眉に唾" も大切ですが、食べる際の "食品に唾" 。
これどうでしょう。


以上、茂木健一郎さんが脳科学的に、ものを書くには朝が適していると言っていたので、2日連続で朝に綴ってみました。
うん、我ながら素晴らしい対策案がひらめいたものだ。
さて、朝メシは何を喰うかな。






テーマ:食に関するニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/02/01(金) 09:28:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪の画用紙 | ホーム | 日本対ボスニア・ヘルツェゴビナ戦雑感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/350-fdd20ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。