Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私はアサリ汁が嫌いです

こんばんわ。
なんだか寒いですね。
寒いといえば株式相場も底冷えの寒さが続いておるようです。

<東証>日本株は反転のきっかけつかめず 底見えずの声
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080121-00000095-mai-brf

年始からえらい勢いで売られていますが、しばらく疲弊は続くのでしょうか。
年始に経団連の方々が、今年の日本の景気の動向は個人消費が握っていると口を揃えて言っていました。
発言に影響力のある方々ならではの多少の煽りが邪推されますが、昨今の株安の主因となっているサブプライム問題も原油高も円高も、我々市井の民では、非力過ぎて流れ変える程の影響はどうにもこうにも与えることが出来ないという現実を考えると、彼我のパトスによってガラリと変わる個人消費に意識を向けさせるこの働きかけは効果的かもしれません。

しかしながら石油関連の物価は上昇しているものの、マクロで見て物価も横ばい、収入も横ばいで、将来への不安感だけが右肩上がりとなっている現在、備えをつくる為に財布の紐が堅くなり、消費が滞るのは当然の流れと言えます。
今年の新成人の "欲しいもの、叶えたいこと" アンケート(参照)で、若干20歳の回答にも関わらず、 "お金が欲しい" 、 "貯金をしたい" というつまらな過ぎる回答が上位に並んでいるのも、そんな世相が反映されたからではないでしょうか。
そんな不安と対峙する為の自己投資なんだから、バンバン遣えよと思うのだが。
筋肉が欲しいとか柔軟性が欲しいとか上位に入らねぇのかよ、最近の若いもんときたらまったく。

で、その要諦とされている個人消費ですが、収入が横ばいで消費出来るリソースの絶対量をさほど増やせない現状の中では、景気を良くする効率というか効果というかが高い消費を心掛けるという方法が最も身近で妥当かなと思い付き、当エントリーを綴っている今日この頃です。
あくまで半可通の思いつきですが、まぁそれもブログなんでアリかなと。

例えば限られたリソースをパチンコ、スロットで消費しても、業界の色からして、それによって発生する税金が正しく収められるケースは乏しく(参照)、更には7割は在日系と言われる業界で、脱税した金額の多くを不正に北朝鮮に送金してきたとなれば、そんなところで消費が増えたからといって景気は良くなるどころか国益を損なう結果となることは想像に難しくない。
翻って例えば限られたリソースをそれなりの目論見のある企業に出資したとするならば、それが資本となってサービスが生み出され、消費を生み、企業も利益を上げ、出資者には配当が割り当てられ、その全ての流れにおいてウィンウィンが成り立ち、その全ての流れにおいて税金が発生し国も潤う。

私の大したことない先見の目からすると、債権や金の相場が上昇しているところを鑑みると、先行きの不安感から投資家が本格的に株式市場から資金から引き揚げ、安全な方へとシフトしていくトレンドが形成されたように映る。
すなわち景気の低迷は一過性のものではなくなるような予感、そして悪寒。
経団連の方々が言っていたように、鈍化する消費を加速させることがキモだとして、その中で消費者がカネの流れをその都度熟孝して、アサリ汁は喰わねぇ(参照)とかパチモンは買わねぇ(参照)とか、メイドインジャパン最高とか Golden Cloth 最高とか、そんな風に物価や収入が横ばいでも、景気が良くなるベクトルに消費することを心掛ければ、それなりの効果は期待でき、もしかしたらブレイクスルーにだってなりえたりするんじゃね~の?とか思った。


さてと、カレー喰って寝るか。






テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/01/22(火) 02:04:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<岡田ジャパン初戦雑感 | ホーム | だからなんだと言われても困る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/344-89d4f448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。