Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モテ男にとって悩める季節が到来

なんか商品紹介の記事がつまらないとのご意見を頂きました。
面白さよりもサーチエンジンで商品を検索された時にヒットするように綴っているので仕方がないでしょ、とエキスキューズしたものの、正直むかついたので、その込み上げる反骨精神と溢れ出るサービス精神で、ふざけた商品紹介文を綴ってみました。
若干イタイ感じもしないではないですが、広い心で見逃しておくんなせえ。

以下


いよいよクリスマスシーズンの到来だ。
心なしか多くの若者はウキウキルンルン浮かれているように見える。

が、私のようなモテ男にとって、それは悩める季節を意味する。

2股、3股くらいなら、うまいこと時間を割り振ればやり過ごすことも可能だが、私クラスになるとそれでは回避しきれない。
何しろ2桁もの女をコレクションしているからな。
女の勘は鋭い。
ウソで乗り切れば良いという浅はかな考えでは、せいぜい3、4人の女をコレクションするがやっとの器に留まるだろう。
クリスマスともなれば女の勘は更に鋭さを増し、その場を糊塗するウソなど簡単に見破られるのが関の山だ。

モテ男は女をナメない。

私はこれまで鋭い女の勘をかいくぐる為に、大変な労力を要してきた。
タイタニックは映画館で15回も観たし、ディズニーランドに至っては毎回2年ぶりだよと言いながら、実際は月3回のペースで行ってる。
ストロベリー味はここ、キャラメル味はここと、ポップコーン屋の場所を味ごとに記憶するまでになった程だ。

ではどうするか。
私は、クリスマスは毎年決まって仕事を入れる。
そして実際仕事に明け暮れる。
そうすることでウソをなくせるからだ。
そこで仕事を入れたからといってガタガタぬかすような女はたいした女ではない。
クリスマスはポートフォリオの整理の絶好の機会でもある。
そんな女はストロングセルだ。
その代わりに信じて待っていてくれた女には、逢えなかったことをカバーして余りあるプレゼントを贈ることにしている。
この年に1度必ず訪れる定例のピンチを乗り切るには、このプレゼントが重要だ。
では実際に何を贈るか。
答えを言う前に、gooの 『クリスマスに恋人にもらいたいプレゼントランキング』 とやらで世間を見てみよう。
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/xmas_lovepresent/
ふっ、女にゴマすっているような男ばかりということが一目でわかるぜ。
アクセサリー?
貴金属は金額で優劣がはっきりする。
金額で勝負するという行為は成金オヤジに敗北を認めるのと同義だ。
自作という手もあるが2桁の女にともなると手間がかかり過ぎる。
バッグも時計も同様に金額で優劣がつく。
却下だ。
洋服はどうだ。
サイズや趣味が細分化される為、一人一人にセレクトするのは困難を極める。
的外れなものでも贈ろうものならセンスはもちろん、洋服屋の私の場合は仕事のスキルまでも問われてしまう。
衣料小物?
具体的には帽子やマフラーのことだろうか。
インパクトが足りないどころか毒にも薬にもならない。
旅行?
2桁の女と行くとなると単純計算して数週間は家に帰れない。
年が明けてしまう。
家電はどうか。
クリスマスに生活必需品を欲しがる女など生活苦がにじみ出ていて興味がない。
その時点で興冷めだ。

では私が今年何を贈るか答えを教えよう。
それはずばりミネトンカのモカシンブーツだ。
minnetonka_20071210180026.jpgminnetonka2.jpg

GC-707_1_L_20071214161102.jpgGC-710_1_L_20071214161046.jpg
リンジー・ローハンやケイト・モス、二コール・リッチーやブリトニー・スピアーズ、ジェニファー・ロペスをはじめとした多くのハリウッドセレブなどに愛用されているミネトンカは、洗練された職人によって1足づつ丁寧に手作りで作られ、現在生産が追いつかない程人気を呼んでいる。
デニムやショートパンツ、スカートなど様々なスタイルに合せられるため、どのジャンルの女に贈っても喜ばれることうけあいだ。
サイズも服ほどシビアではなく、6(23~23・5)と7(23・5~24)を抑えておけば大抵の女にフィットする。
もしこれをもらって喜ばない女がいたとしたならば、足が臭くてブーツが履けない女か、ファッションセンスがない女、どちらにせよ私の女としてそぐわない女だ。

しかしながら現実問題として多くのショップで絶賛売り切れ中のこの入手困難なアイテムを、2桁にも及ぶ女の数だけ用意するのは困難を極める。
が、私は女がミュールやサンダルを履く夏には、既にクリスマスに向けたオーダーを完遂していた。
非モテ男はプレゼントを直前にあせって決めるが、モテ男はゆとりを持って決める。
コレクションを良い状態に保つには、それなりの時間を費やさなければならない。

DSC01908.jpg何しろ私のコレクションはオーバー2桁だ。
オーダーはざっとダンボール2箱にも及ぶ。
非モテ男は出費を気にするが、モテ男は必要経費と割り切る。
コレクションを良い状態に保つには、それなりのコストを費やさなければならない。


そしてファッションに目敏く気が回るいい女は、私のその卓越したセンスと費やした時間、コストに間違いなく気付いてくれる。

もう一度言うが、モテ男は女をナメない。

ふっ、これで今年のクリスマスもどうやら乗り切れそうだ。
私の元を離れたミネトンカは、間もなくして女に履かれて私の家の玄関まで戻って来るだろう。
頼むぜミネトンカ。
ありがとうミネトンカ。


以上、読み直してみたらアレ過ぎて軽く眩暈がしました。
こんなもんで勘弁して下さい。

んでもって Golden Cloth にてミネトンカ(MINNETONKA) 絶賛発売中!
 こちらをクリックして頂きますと一覧がご覧になれま~す!





  - おまけ -
「ミネトンカのモカシンブーツ」
とかけまして
「忘年会で呑み過ぎた」
と解く。
そのこころは?

「はいたほうがいいですよ」
          歌丸です。








テーマ:モテ男になる裏技 - ジャンル:恋愛

  1. 2007/12/14(金) 16:47:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DUVETICA(デュベティカ) VEGA (ヴェガ、ベガ)取り扱い開始 | ホーム | クラブW杯 浦和レッズ対ACミラン戦雑感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/329-00c28fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。