Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どこを診ているのでしょうか

なんか健康診断に行ってくれとのオーダーが出たので行ってきました。

指定された病院は地元の町医者。
建物を見るにノスタルジックな古き良き昭和の匂いが漂う。
木製の扉を開け中に入ると、螺旋階段が中央にドシンと構え、それを扉が筒状に取り囲んでいる、今では懐かしい絶滅の危機に瀕している昭和モダンの姿がそこにあった。
据え置きの医療器具も昔ながらの基本的で原始的なレトロなものばかり。
まるでタイムマシーンにでも乗って来たようだ。
実際はスクーターで来たんですけど。

名前を呼ばれ、20数年前小学生の頃に身体測定で使った、今では逆にプレミアが付いていそうな稀少で貴重でキッチュな器具で身長と体重を測る。
視力は
「いくつですか?」
と口答。
いやっ、私、測定しに来たんすけど。
4人いる看護士は、血圧や心電図の測定において、裸の体に触れられてもトキメキはおろか、脈や血圧、心電図にも一切影響を及ぼさない、全て50歳前後のババ・・・ いや、ベテラン。

んでもって一通りの測定を終え、最後に診察室に呼ばれたのだが、そこにひっそりと佇む医者は、80歳前後と思われるジジ・・・いや、ベテラン。
ふと見ると机の上のカルテは私のものではない。
先生、視力はいくつですか?

看護婦にカルテの誤りを指摘され、私の名前と生年月日と身長、体重、視力、血圧しか書かれていないカルテに目を通すと、おもむろに計算機で※BMIを算出し、
「太ってるね~」
いやっ、85kgといっても着衣での測定でしたし、そもそも私、体脂肪率12%なんですけど。
カルテに記された数字ではなく目の前にある体をみればわかりそうなものだが。
先生、視力はいくつですか?

で、聴診器を当て終わると、
「若い頃から太ってたの?」
と聞かれたので
「う~ん、徐々に増やしました」
と答えたところ
「少し運動したほうがいいね」
との診断というかアドバイスを受けました。


ということで、今日は早めにスポーツクラブへ行きたいと思います。



※BMI
Body Mass Index
体重と身長で算出するヒトの肥満度を表す指数







テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/10/19(金) 16:17:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<古城 | ホーム | 成績表>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/11/01(木) 18:25:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/294-c0c2f94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。