Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

運転免許更新の講習に行ってきました

朝もはよから区民館に集められ、定番とも言うべきまずは映画鑑賞から始まるわけですが、一瞬の油断から生まれた自動車事故により、相手は死亡、同乗の息子も死亡、自らも障害者となり、旦那は夜も肉体労働を強いられ、補償と憎悪にまみれ後の人生を背中を丸め生きて行くという、これでもかっ、というくらいに巻き起こる数々の地獄絵図が織り成す期待通りのストーリー展開に、私を含めた観る受講者全てが落胆している様子が伺い知れ、日本の警察&交通安全協会もなかなかやるもんだなと素直に好感を抱きました。

注目すべきは運転免許更新講習の映画という微妙な作品において、加害者の旦那役という更に微妙なポジションを演じる前田耕陽@男闘呼組のその落ちぶれぶりであり、男闘呼組といえばかつて私が中学生の頃には、かの光GENJIと人気をニ分すると言っても過言ではない存在であり、そのグループ内において氏は歌うでもなくキーボードといういてもいなくても差して影響のない楽器を担当していたにも関わらず、そのあまいマスクだけで人気はグループ内で1、2を争い、 ”実力よりも笑顔” という現在も伝承され続けているアイドルのマニュアルと言うべき礎を築かれた格調高き方でしたが、20年近い時が経ち存在すらも忘れていたこの2007年秋、このような微妙な界隈で粛々と生き延び、盛者必衰の理を自らをもって映画にしては小さなスクリーンいっぱいに表現する姿を鑑みて、嗚呼、人の勢いなど儚いものだなと改めて教えられた気がします。

いろんな意味で為になる映画でした。








テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/10/10(水) 19:29:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初めて舞台を観て思ったこと | ホーム | スポーツクラブにソレ系が多いのは本当です>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/290-a943e837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。