Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アジアカップ カタール戦で見えた日本代表の隙間

この試合のキーマンは他でもない今野選手だろう。


完全に引いているカタールに対し、終始ボールを支配し続ける日本。
出しどころがなく、最終的に左サイドで後ろから追い抜いてきた今野選手にボールが出ることが多かったが、突破に失敗しボールを奪われて攻撃が終わるケースがかなり目立ったように思える。

しかしながら2本高原選手に有効なクロスを供給し、そのうちの1本が得点に繋がったので落第点というのも厳しい気がする。


オシムは選手起用においてポリバレントを重視すると常々公言している。
オフト監督がアイコンコンタクト、加茂監督がゾーンプレス、トルシエ監督がフラットスリーならば、オシム監督はこのポリバレントがキーワードであり最大の特徴と言える。
実際に召集された選手、ピッチに送り出される選手を見てみても、複数のポジションをこなせる選手が際立って多い。
にも関わらず今大会の直前、オシム監督就任以来、左サイドを担ってきた駒野選手が怪我をすると、左サイドをこなせる選手がいなくなってしまった。
今野選手も複数のポジションをこなし左右の足でボールを蹴ることが出来る選手だが、あいにくそのポジションはカバーしていない。


スポーツの世界でタラレバが意味をなさないのは重々承知だが、左サイドのスペシャリスト、悪く言えば左サイドしかこなせない、三都主選手、家長選手、本田圭佑選手のいずれか一人でも招集していたならば、この試合で勝ち点3は確実にものにしていたのではないだろうか。


唯一といってもいいピンチであり失点の場面でもあったフリーキックで、相手に押されて壁に隙間をつくってしまったのも今野選手。
しかしこの試合がドローに終わった本当の戦犯は、ポリバレントを重視するあまり、左サイドというポジションに "隙間" をつくってしまったオシム監督その人ではないだろうか。














テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/07/10(火) 14:31:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<六本木、恵比寿にナイスなお店がオープン | ホーム | ユニクロがバーニーズニューヨーク買収か>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/249-a5f78f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。