Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原油価格上昇について

 こんばんわ。


 ゴールデンウィークも間近ですね。
 車でお出かけの予定のかたも多いのでは。

 それにしてもガソリン高いですね。
 私も先ほど給油してきたのですが、ハイオクはセルフでリッター135円もしました。
しかしながら、マーケットをみているとまだまだ高騰しそうな気配。
 これ以上のガソリン価格高騰は私の武器である "機動力" にまで影響してきそうなので、今日はそのことについてもの申したいと思います。

 今週末21日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は、イランの核開発問題をめぐる国際情勢の緊迫化を背景とした供給不安から急騰し、指標である米国産標準油種(WTI)の6月渡しは一時、1バレル=75.35ドルをつけ、83年の取引開始以来、初めて75ドル台を突破しました。

 イラン核問題の長期化が予想されることに加え、アメリカの夏のドライブシーズンを控え、ガソリンの消費拡大が見込まれる中、アメリカのガソリン在庫が減少し、先行きの需給ひっ迫懸念が強まり、上昇を見越した大量の投機資金が流入しているのだ。
 
 私はアメリカの投機筋の先見性は非常に優れたものだと考えている。
 オレンジの先物取引のディラーは、日本でいうところの気象庁にちかいアメリカ農務省合同農業気象局よりも、気象予報の精度がいいと聞きます。
 本当に先見性に優れた人間は、省庁で働くよりも、リスクをとってディラーとして働くほうが稼ぎがよいのだろう。
 そんな投機筋が更なる上昇を見越して大量の資金をつぎ込んでいるところをみると、"見越し" である更なる上昇は、現実になるのではという懸念は増す。
 
 しかしながら今回の上昇の根源の主である先に書いた事由は、気象とは異なり直接的な人為的なものなので回避できるのではないでしょうか。

 アメリカは、5車線以上あるハイウェイでさえも毎日渋滞するほどの車社会。 
 それでも2人以上乗車していれば走ることができるカープールは渋滞中もスムーズに走ることができる。
 ほとんどがドライバーオンリーの車なのである。
 そしてこの広いハイウェイを埋めつくしているムダにでかいアメ車の燃費の悪さは誰もが知るところである。
 
 物価や金利の変動にすばやい反応をみせるアメリカ人。
 大型車ユーザーの一部にはガソリンの価格が上がったことで、燃費のよい小型車へとシフトする動きもあるようだが、原油市場の投機筋がSaleのポジションにスイッチするには程遠い。
 
 ここまで来ると
 「一人一人の心がけが・・・」
 などと悠長なことは言っていられない。 
 ムダが多いということは、省ける部分も大きいということでもある。
 ここはひとつ、私が考えるこの問題の根源であるブッシュ政権にまずは京都議定書にサインをしていただき、あまりにもムダが多い車社会に対しての制限や政策をたてて頂きたい。
  
 そして原油の確保のために費やしていたアラブ諸国に圧力をかけるための資金やエネルギーをエタノールの開発にでも注いで頂ければ、時に何万人もの死者を出す "負のスパイラル" はベクトルを変え、全てが良い方向に進むような気がします。

 無論、私達の財布の温度とは反比例して、アラブ諸国のアメリカの対する敵対心、そして近年気温が上昇し続けている地球は、なし崩しにクールダウンしていくのではないでしょうか。


 それでは。



 

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/04/23(日) 01:13:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<アディダスコリアラインのキジ | ホーム | ジャージで行こう!>>

コメント

先日アースデイ東京2006ってのに行って来て様々な環境問題を知りました。フェスでは他国の事ばかりが取り上げられ、沖縄などの日本の環境問題などには殆んど触れておらず少し残念でした。
ブッシュが京都議定書にサインをしないのはイカレテイルト思うが、自国愛の表れなのかなと。自国愛の強いアメリカはまず自分なんでしょうね。経済に打撃を与えてしまう政策はとらないブッシュにはもううんざりですが、わが国のように自国愛が少ない国民性もいかがなもんかと。。一人一人がまず自分の住む国に興味を持ち愛しそれを守ろうと思えなきゃなと思った。かな。
4/29ヨロシク
  1. 2006/04/24(月) 10:43:07 |
  2. URL |
  3. miminari #-
  4. [ 編集]

miminari さん> コメントありがとうございます。 海外に行くと我が日本がスペシャルな国であることを痛感します。 エネルギー問題を含んだ環境問題に関してはノーボーダー取り組むべきと考えています。
  1. 2006/04/26(水) 06:16:27 |
  2. URL |
  3. 神崎大樹 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/19-7fa56936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。