Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイエット成功の秘訣

おはようございます。


あるテレビ番組である芸能人が、
「ダイエット成功の秘訣は、大好きな異性か大嫌いな同姓の為にやることよ!」
と言っていた。
出演者一同
「あ~!なるほどね~!」
と感心していた。

私は、
「なんて次元の低いやつらだ」
と落胆した。


この番組もそうだったが、ここ最近増えているトレーニングやダイエットなどの体に関する番組や、サプリメントの宣伝などは1週間や3週間といった、短いスパンで効果があらわれるといった即効性を謳ったものが多い。
確かに理にかなった方法で1週間なり3週間なり実行すれば、そのほとんどが誇張されているとみられる番組や宣伝ほどではないにしろ、その分の効果はあらわれるだろう。
しかしその後はどうだろうか。
人間は環境に順応する生き物だ。
その期間が過ぎまた同じ生活に戻ってしまえば、なし崩しにその生活に順応した元の体へと戻ってしまうことは想像に難しくない。
前出の "出しゃ歯り" (でしゃばり) 芸能人の持論も、確かに一時的には大きな動機と成り得はするが、一過性のものに過ぎない。

私はモトクロスのプロを目指していたことをきっかけにトレーニングを始め、その一環として16歳からスポールクラブに通い始め、気が付けばリタイアした後もトレーニングは続け、スポーツクラブにも現在まで16年間通い続けている。
それによって、体力的なことはもちろん、精神的、ものの考え方など、得たものは大きい。
例えばモトクロスのライダーだった私は、それによる怪我が主で、これまで7回入院をしている。
自慢出来る事ではないが、その中には膝の靭帯接合手術を2回や、頭を打ち一時的に言語に障害が出たこともあったし、内臓を損傷してニ度と運動は出来ませんと医師に宣告されたこともあった。
しかしながら、トレーニングをしていたおかげで回復は早かったし、何よりも精神的に強くなっていたので回復の為にあらゆる手段を講じることが出来た。
これはほんの一例だが、このようにトレーニング、あるいはダイエットが自分自身のプラスに働くということは想像以上に多い。
しかしながら頭では理解していても、多くの人が始められない、または途中で辞めてしまう。
出来ない理由は誰にでもある。
もちろん探せば私にだっていくらでもある。
が、私は続けてきた。
動機は何か。

それはずばり情熱だ。

例えば今日は腕を強くしようと思ってジムへ行く。
苦痛の伴うトレーニングをウォームアップからクールダウンまで妥協なく行う。
終始ゲーム性の寸毫もない単調なトレーニングだが、ジムを出るとき私は早くここに戻って来たい思う。
なぜならば家に帰り良い食事を摂り、良い休養をすれば、次にここに来る時は今日より強い腕になっているからだ。
そして500gでも1レップでも多く出来たならば、目標に少し近づいたという実感を味わえる。
何よりもこの進歩しているという充実感がたまらない。

そうしてようやくある目標に達することが出来たとしても、その度にもっとこうなりたいという新たな目標が湧いてくるし、達したからといってそれに満足して辞めてしえば、すぐに元の体に戻ってしまうということを十分承知している。
だがら私は生涯を通じてトレーニングを行う覚悟がある。

残念なのは何かのきっかけで、
「やるぞ!」
と覚悟を決め踏み出したにも関わらず、方法が間違っていて効果が出なかったり、氾濫する不確かな情報に惑わされたりして、
「オレの場合やっても筋肉がつかない」
「私の肥満は遺伝みたい」
「足の速さって先天的なものでしょ」
などと諦めてしまうことだ。

目標や目的、スタートラインは各々違うが、正しい方法で行えば必ず効果は出て前に進むことが出来る。
そしてもっとこうなりたい、こうなるんだと情熱を持ち続ければ、継続していくことも可能なはずだ。


最後に、私はこれまで人生のかなりの時間やエネルギーを、トレーニングやそれらの知識を得る為の勉強に費やしてきたが、それでも私の遥か上をいくフィジークや知識の持ち主はいくらでもいる。
彼、彼女らに共通して言えることは、先天的に優れているということではなく、決まって私より情熱を注いでいるということだ。
私は彼、彼女らを尊敬しているし、彼、彼女らに少しでも追いつくようにこれからも続けていく。
そうすることで目指す自分に近付くことを確信している。
もしこれを読んでくれたあなたに、私と同じようにもっとこうなりたいという願望があるならば、是非情熱を持ってチャレンジして欲しい。

私はあなたを応援し、そして尊敬します。



それでは。






テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/01/07(日) 09:17:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<スウェード(ヌバック、バックスキン)の洗い方、お手入れ方法 | ホーム | MONCLER(モンクレール)SORBET(ソルベ)入荷>>

コメント

イチローさんは言いました。
私は天才といわれるが、それは努力の天才であることに気づいてほしい。

さて、撒きの天才ま○あき氏からは年賀状が届きましたが、トンボの天才かんざき氏からは年賀状が届いておりません。

早急に郵送ください。
  1. 2007/01/07(日) 10:02:25 |
  2. URL |
  3. カトキチ #-
  4. [ 編集]

カトキチさん

とある現場を観ていたらある職人が、
「セルフ成功の秘訣は、大嫌いな床屋か大好きな社長の為にやることさ!」
と言っていた。

伊藤氏は健在なのだろうか・・・
  1. 2007/01/07(日) 16:10:50 |
  2. URL |
  3. かんざき #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/164-a955d73a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。