Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっといい話・リターンズ

こんばんわ。


サッカーをしていると少年に教えられることが多い。
前回はこちら
本日もちょっとしたことではありますが。

夕方、サッカー用の手袋を買いに近所の小さなスポーツショップへ。
サッカー用といっても軍手に滑り止めが付いただけのものだが冬はこれがないとつらい。
人工芝で手を付くとすぐに破れてしまうものだから何でもいいっしょ、と一番手前に掛かる黄色のディアドラ製を手に取りそそくさとレジへと向かうと、一人しかいない定員がレジの反対側で小学校低学年くらいの少年とその母親と思われる二人に対応しているため会計が出来ない。
様子を伺ってみると、

母親 「ナイキの赤いソックスってありますか?」
定員 「子供用はそこに掛かっているものだけですね~」
母親 「ほらないって!こっちの赤いのでいいじゃない」
少年 「それナイキじゃないじゃん!」
母親 「ナイキは白しかないじゃない」
少年 「赤がいいんだよ!」
母親 「すみません」
定員 「いえいえ」
母親 「どれ履いてもおんなじでしょ」
少年 「赤がいいんだよ!」
母親 「すみません、注文したらどのくらいで届きますか?」
定員 「3日くらいですね」
母親 「じゃ注文してまた来る?」
少年 「うん」
母親 「も~なんで白じゃだめなの?」
少年 「汚れが目立つ!」
母親 「・・・」
定員 「・・・」
私  「・・・」
母親 「じゃ取り寄せてもらっていいですか」
定員 「はい、わかりました」


きっとこの少年は誰かに憧れ、確固としたイメージが湧いているのだなと感じ、憧れのライダーのウエアはもちろんステッカーの貼り方までマネしていたガキの頃の自分とシンクロし、万感の思いが胸に迫った。

うまくなれよ!
そう心で呟くと、もう一度おもむろに手袋を選びなおす32歳の少年がそこにいましたとさ。



それでは。












テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

  1. 2006/12/22(金) 23:59:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<50人は温泉で癒したのであろうか | ホーム | パタゴニア(Patagonia)ハーフマスバッグ(HalfMassBag)入荷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/153-2ccf626b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。