Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・MONCLER(モンクレール)ブランド紹介

 
 こんにちわ。


 本日は朝一で代々木公園のフリーマーケットに行って参りました。
 半年ぶりの参戦となりましたが、相変わらず朝はバイヤーが難民キャンプに食料が投下されたかの如く出店者のバックに群がっておりました。
 数年前までは私もその一人でありましたが、もはや傍観するのみ。
 流れに乗っていけません。
 歳のせいでしょうか。
 
 私がフリマに通っていた頃は、代々木公園だけでも月4、5回開催されており、明治公園や新宿中央公園など1日に数会場を周ったものです。
 しかしながらおごれる人も久しからず、近頃では聖地代々木公園も月1回程度の開催となっているようで、そのうちに代々木公園のフリマも、偏に風の前の塵に同じく消えてなくなってしまうのかなと、悲しき盛者必衰の理に想いふけってしまいました。
 嗚呼、諸行無情であります。


 んでもって Golden Cloth モンクレール(Moncler)入荷記念、ブランド紹介の続きでしたね (前回はこちら)。
 考えながら綴るのとは違って、転載の打ち込み作業ってこんなに退屈なんだなと前回で悟ってしまいましたが、ここはひとつあまり考えることなく、惰性に身を任せてで打ち込んでいきたいと思います。
 

 レッツゴー! 

 20061001150117.gif

 
GC-210_1_L.jpg ダウン・ジャケット
 最初のダウン・ジャケットが作れたのは何時だと思いますか?
 おそらく1952年に、一年でもっとも寒い時期に、凍るような寒さの工場内で、工員たちが防寒のためオーバーとして着用していたものが、その始まりではないかと言われています。
 「それはどちらかと言えば、衣服と言うより青い箱を身にまとっているようだった」、当時を知るスタッフの一人は、そんな風にかつての様子を振り返っています。
 しかしながらカナダの遠征から帰国したばかりの、アルペンスキーのチャンピオン、Lionel Terrayはぐースダウンを詰めたジャケットを見て、これこそ彼の全ての問題を解決するソリューションだと感じます。
 触れた瞬間、その暖かさと軽さに気付いた彼は、思わずこう叫んだおいいます。
 「これなら、誰も踏み入れたことのない山々に挑むことができる、人間の限界を超えることができる....!」、Ramillonは手書きの回想録の中で、そのように記しています。


GC-216_4_L.jpg 新しい試み
 ダウン・ジャケットの可能性に着目したTerrayは、さらなる耐久性と絶対的な保湿力を求め、Ramillonに改良を依頼します。
 さらに、安全性の高いオーバーオール、手袋、寝袋の開発も促したのです。
 Ramillonとともに何度も試行錯誤を繰り返し、ユーザーとしての視点からさまざまな批評やアドバイスを行ううちに、彼は、 ”Moncler for Lionel Terray” というスペシャルラインのテクニカルコンサルタント、コーディネーターとして活躍することになったのです。
 この新しいプロジェクトには、現在Rhone Poulenc社として知られるRhodiaceta社も名乗りをあげました。
 彼らはRamillonに開発されたばかりのキルティングに適した繊維、Tergalのサンプルを提案しました。
 当時のキルティングはまだまだ未完成な代物でしたが、加工技術の進歩とともに、モンクレールの製品のクオリティを支える重要なファクターとなっていきます。


GC-213_3_L.jpg 探検隊
 寝袋、手袋-ミトン、脚用のプロテクター、テント、そしてダウンジャケット....。
 MonclerとTerrayの理想的なコンビネーションによって、新しい製品が次々と開発されていきました。
 1954年、Monclerのダウン・ジャケットは世界第二位の高さを誇るカラコルムに挑んだイタリア登頂隊に採用されます。
 そして登頂隊のメンバーAchille Compagnoni、Lino Lacedelliとともにその山頂を征服したのです。
 翌1955年には、モンクレールのジャケットを身につけたフランス登頂隊が標高8470メートルのMakaluを征服。
 1964年には、Terrayが指揮を執るアラスカ探検隊のオフィシャル・サプライヤーを努めました。
 さらに1968年、グルノーブルで開催された冬季オリンピックでは、母国フランスのアルペン・スキーチームのオフィシャル・サプライヤーに認定されるという栄誉に輝きます。
 そして、このオリンピックを機にロゴ・デザインが一新されます。
 それまでの自国の背後にそびえる山、Mount Equitに代わり、お馴染みの小さな雄鶏が採用されました。


 次回、「商品開発」 に続く


 ん~、なんとなくモンクレールの機能性や品質が高い理由がわかってきたぞ。
 多分次回で最終回。
 もしかしたら途中で飽きて2回に分けるかも。




 それでは。





テーマ:いろんなブランド☆ - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/10/01(日) 15:33:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<続続・MONCLER(モンクレール)ブランド紹介 | ホーム | MONCLER(モンクレール) VENISE(ベニス)、HIMALAYA(ヒマラヤ)入荷>>

コメント

そういえば、土曜の明治公園フリマも前より
少し寂しくなった感じがしました。
秋のせいだけではないみたい。

ダウンが生まれる訳にはちゃんとした
意味があったのですね。
お話読んでいたら、なんか飛躍して、
登山してみたくなってしまいました。
もちろんモンクレールダウン着用で♪
  1. 2006/10/01(日) 22:41:46 |
  2. URL |
  3. ぷ。 #-
  4. [ 編集]

ぷ。さん

ご注文お待ちしておりま~す。
  1. 2006/10/02(月) 17:59:18 |
  2. URL |
  3. かんざき #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goldencloth.blog57.fc2.com/tb.php/101-49d1b8ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。