Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビリーズブートキャンプについてそろそろ一言言っておくか

一巡したようなのでそろそろ。
と言うより既に辞めてしまい元の身体に戻ってしまった方も多い頃を迎えたようなのでいよいよ。

初めにエクスキューズしておくが、私はこのビリーズブートキャンプ、一瞬たりともやっていない。
通販番組と10分程DVDを観ただけ。
上から目線の表題及び、やってないヤツに何がわかるんじゃコラッ!という方の為に、まず最初に最大の謝辞を表しておく。

うるせー。


これまで深夜の通販番組などで、多くのサプリメントやトレーニング器具が販売されてきたが、ここまで話題を呼んだものは私の記憶では初めてではないだろうか。
尤も私の記憶など大したものではないが。

私の周りでも多くの人がチャレンジしたようで、マクロで見て多少のバイアスを加味したとしても一定の成果も出ているようだ。
それを見聞きした人が、
「ホントに効果あるみたいだから」
と始め、芋ズル式の口コミ効果で反響が反響を呼び話題になったといった流れだろうか。

そんな流れもあって、マッチョ属性とされている私は当然、
「ビリーって効果あんの?」
と多くの人に尋ねられるはめになるのだが、
「でも結局食事を気を付けないと意味ないよね」
と、どうとでもとれる答えをしてきた。
が、ここいらでそろそろ、いや、いよいよはっきりとお答えしておこう。

イエス!高須クリニック!

効果は期待出来る。
眉唾ものではあるものの元は軍隊の訓練の為に開発されたエクササイズということで、これまでの "のむだけで" や "誰でもかんたんに" などの通販のお決まり常套文句が附記された商品とは一線を画し、それなりにハードなものようだ。
やってないから知らないけど。
期間も一週間という短い期間ではあるものの、行ったならば人間の体はそれに適応しようと変化をする。
誤った方法でないことを前提にだが、それがハードなものであれば変化のスピードや幅は比例して増す。
苦痛を伴うエクササイズは行う前から敬遠してしまう人がほとんどなので、今までは前出のお決まり常套文句の商品や方法が主流であったが、何故ビリーズブートキャンプは苦痛を伴うにも関わらず多くの人がチャレンジし、成果を出すことが出来たのだろうか。

その要素とは私の推測するところ、

1、効果が期待出来る
2、周りの人も励んでいる
3、盛り上げてくれる

といったところだろうか。

他にも、せっかく金を払って買ったから、せっかく法を犯して焼いてもらったから、せっかく目を盗んで万引きしたから、など、様々な理由が邪推されるが、この3つと仮定して検証してみるとすっか。


まず1。
頑張ったのに効果がないといった徒労感は誰しも味わいたくない。
そんなことを繰り返すうちに、知らずと自分はやっても成果が出ない人間だとインプットされ、自信を喪失する事態に陥るかもしれない。
私も多くの "痩せたい" や "鍛えたい" という人に、その方法について尋ねられるが、似非科学や誇大に効果を謳うものがはびこる中で本当に効果があるものを選択するには、それなりの知識か強烈な運のどちらかが必要になる。
が、このビリーズブートキャンプのように、ここまで周りから成果の報告が得られれば、あとはやればいいだけと、ある程度の確証を持つことが出来る。
忙しくてもそれ相応の金が入ってくることが確実ならば無理もきく仕事と同様に、エクササイズもハードであってもそれ相応の成果が確実に期待出来るならば意外と無理がきくものだ。

で2。
自分と同じような境遇、あるいはコイツには負けないだろうという人が行っているならば、それは自分にも出来るという自信と励ましに変わるだろう。
人には自尊心と向上心がある。
例えばエクササイズのきつい場面にさしかかり、同じ職場の同僚が、あるいは自分と同じように運動習慣がない友人が、同じエクササイズを乗り越えていると想像したならば、多少きつくても途中で止めるわけにはいかないはずだ。
達成した暁には、その同僚や友人と強いコンセンサスを得て、お互い尊敬の意を抱いているかもしれない。
そこはどうでもいいけど。

んじゃ3。
ビリーやその取り巻きが盛り上げてくれることによって苦痛を乗り越えることが出来たという人も多いようだ。
複数の人間で一緒に行い、励ましあうことにより、より大きな苦痛を乗り越えられるものだ。
私は週に一度水泳の練習に参加させてもらっているが、練習のメニューは非常に単調で苦痛を伴う。
酸欠で全身がしびれる時もある。
一人でそのメニューを泳いでいたら途中で止めてしまっただろうが、前後を泳ぐ仲間がいるから最後まで泳ぎきれたと思うことがしばしばある。
皆で声を出し盛り上げあえば、一人で行うよりもハードなトレーニングに耐えられるものだ。


んな感じでざっと検証してみたわけなんだけど、このビリーズブートキャンプ、ハードなエクササイズであっても乗り越える為の要素がきちんと揃っているわけだ。
なっとくのな。

んでもって冒頭に "いよいよ" と綴ったのですが、その理由はここから。

先にも綴ったが、人間の身体は生活が変わればそれに適応しようと変化をする。
同じエクササイズを続けていても、それに順応してしまえばそこからはあまり変化はみられなくなるし、順応したからといって辞めてしまえば、なし崩しに元の身体へと戻ってしまうということは想像に難しくない。
向上心のある人間ならば、自分の身体でもっとこうしたいという部位はあるはずだ。
仮に今の身体で完璧だ、今の身体で満足だ、と言う者がいるとするならば、それは全く向上心のない人間かナルシスのどちらかではないだろうか。
私の知るところ、完璧な程の身体の持ち主などこの世に存在しない。
尤も私の知るところなど大したもんじゃないが。
つまりは元の身体に戻りたくなければ、あるいはより理想の身体に近づく為には、エクササイズは続けなければならないということになる。
しかしビリーズブートキャンプはもう既に達成した、あるいはもう周りもやってないみたいだし、と既に辞めてしまい、元の身体へと戻ってしまった人が近頃多いようだ。

ではどうしたらよいか。
答えは既に出ている。

1、効果が期待出来る
2、周りも励んでいる
3、盛り上げてくれる

という要素があるエクササイズを模索し実行すればよいのだ。

私がビリーズブートキャンプをやらなかった理由は、3つの要素において、既に次善の方法を見付けているからに他ならない。
参考になるかどうかはわからないが、その方法を晒してみっとすっか。


まず1。
ビリーズブートキャンプがまだいっぱいいっぱい、あるいはまだ効果が出続けているという人はそれを続けるのも良いだろう。
しかし慣れてしまった人や、日頃トレーニングをしている人にとっては、ビリーズブートキャンプでは、もはや負荷が足りない。
脂肪を燃やすには基礎代謝を上げることが重要だ。
基礎代謝を上げるには筋量を増やすことが重要で、筋量を増やすには大きな負荷が不可欠だ。
「だんな、ビリーバンド(チューブ)で負荷は調整出来まっせ」
という人がいたが、チューブの特性は終動負荷、つまりは引っ張り始めは負荷が小さく、伸ばしていくにつれて徐々に負荷が増していくといった特性を持つ。
が、地球上、特に陸上で運動をするのに重要なのは終動負荷ではなくその反対の初動負荷だ。
例えば物を持ち上げようとした時、何かを振る時でも何かを投げる時でもいい、その動作で最も力を必要とするのは動かしはじめの最初の力であって、その後は力を抜いても慣性が働く。
チューブは場所をとらない、安い、ジワジワ負荷が増えていく為に負担が少ない、張力で負荷を調整出来るなどの長所もあるが、残念ながら終動負荷であるが為に実践的な筋肉はつくりづらい。
イチロー選手が初動負荷だけかかる特別なマシーンでトレーニングをしていたのは有名な話。
ビリーもあの体は間違いなくダンベルやバーベルを使ったトレーニングを中心にしていることだろう。
ダンベルやバーベルを使い大きな負荷をかけることで、より効果を得ることが出来る。
効果が期待出来れば、器具が並ぶトレーニング施設に通いハードなエクササイズをしなければならないとなっても無理がきくはずだ。

で2。
自分に刺激を与えてくれるのは何も身近な人だけではない。
テレビや雑誌で多くのアスリートがよりストイックなトレーニングをしている姿を見かけることが出来るし、トレーニング施設に足を運んでもそれなりのトレーニングを行っている人を見かけることが出来る。
目的が異なるので行っているトレーニングは異なるだろうが、同じように苦痛に耐えている。
別にそれがアスリートでなくても構わない。
ビジネスマンでも科学者でもいい。
感情や欲求を抑え、目的に向かって日々励んでいるという部分において差異はない。
見渡せば周りで励んでいる人はいくらでも存在し、それは自分を励ます糧に十分成り得る。

んじゃ3。
自分を盛り上げるのは他でもない自分自身だ。
取り巻きに盛り上げてもらえるならばそれはそれで良いが、一人でやらなければいけない場面は必ず遭遇する。
ある程度のレベルに達したならば孤独な場面のほうが多くなる。
そこで自分を盛り上げる方法を持っている者は強い。
いや、そこで盛り上げる方法を持っていない人は強くなれない、強い者は必ずその方法を持っていると言ったほうが正しいかもしれない。
例えばマリア・シャラポア。
試合中の苦しい場面や追い込まれた場面、ポイントを獲る度にガッツポーズを作り、拳にむかって何かをつぶやいている姿はテニス好きでなくとも目にしたことがあるだろう。
なんと言ってるかは知らないが、希望的観測を込めて、きっと
「やれるよ!絶対やれるよ!」
と自分に言い聞かせているのだろうと私は思っている。
自分を盛り上げる手段を確立すれば、苦しい場面で例え盛り上げてくれる取り巻きがいなくても乗り切ることが可能となる。



このようにビリーズブートキャンプでなくとも、いやそれ以上に、ハードなエクササイズを乗り越え、成果を出す為の3つの要素を持った方法は、自ら創り出すことが出来る。
この夏話題となったビリーズブートキャンプを、一念発起でチャレンジし、現在も続けている方、あるいは既に達成して辞めてしまった方は、体がすぐに生活に適応して変化することを学んだことでしょう。
同時にハードなエクササイズを乗り超え、成果を出す為のヒントも得たはずだ。
この経験を活かし、これからもエクササイズを続け、理想の体に近付いていって欲しい。

私はあなたを応援するし尊敬する。
頑張れ。
超頑張れ。


高い所から失礼しました。









スポンサーサイト

テーマ:ビリーズブートキャンプ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/09/29(土) 10:41:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。