Golden Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロ野球 ミスジャッジ(誤審)について考える

 こんにちわ。

 
 昨晩は夜中にヤクルト巨人戦がダイジェストで放送されていたので、
 「ついにこんな時間にまでおいやられたか。」
 と憂いつつも観戦。

 観戦前からニュースで結果をふまえていたので前後関係の確認がてらの観戦であったが、ここ野球界でも審判のジャッジが問題となっているようで。

 この試合でのヤクルト岩村選手と、対横浜戦での阪神矢野選手のプレイに対するジャッジ、また10日に抗議文書を提出した9日対ヤクルト戦での巨人イ・スンヨプ選手の打球に対するジャッジを含めてだが、プロ野球でのミスジャッジが毎日のように目に付く。

 ここ数年、MLBに進出する選手が増えたこともあってか、選手のレベルが上がり、際どいプレーが増えているのは確かだが、昨日の2つのジャッジに関しては、リプレイで確認しなくてもわかるほどの決して際どくはないもの。

 これまでこのブログでも、サッカーやボクシングのジャッジについて何度か触れてきているが、ここ数日のプロ野球のジャッジについては、故意的と取れるれるそれらとは異なり、明らかな審判によるミス。

 近頃のマジックブームでも感じるように、人間の視覚はさほどたいしたことがなく、いよいよビデオ判定も導入が検討されているようだが、理由は今回は触れないとして、私はそれに反対であり、それよりも審判のレベル向上を図るべきと今のところは考えている。

 
 矢野選手のファールボールをパスボールとしたジャッジでは、紳士な矢野選手でさえも猛抗議をした末に暴行と扱われ退場となってしまった。
 そしてその猛抗議の最中もボールは転々とし、その間横浜のランナーはチャカチャカと走って塁を進めているという、河原で行われている草野球でもあまり拝見することができない、お粗末どころか和やかさすら感じてしまうものとなり、
 「これプロっすか!?」
 とがっくりした、

 を通り越してびっくりした。

 
 岩村選手のプレイに対するジャッジも、明らかに3塁ベースを踏んでおり、捕球のタイミングを合わせた見事なプレーであったにも関わらずであった。 
 その後試合中に3塁谷塁審は、露骨に落胆の表情を浮かべる岩村選手に対して、
 「君がそこまで言うのならアウトだったんだろうなぁ。」
 とミスを認める発言をしたらしいが、審判の判定が絶対であるこの世界では、例え後からミスと気付いたとしても、このように認めてはまずいという体質というか風潮というかが存在している。
 もちろんこの発言も非公式のものである。 
 
 しかしこのような体質というか風潮というかが、審判のレベル向上の障壁となっているのではないだろうか。
 ミスを認めて初めてそれを是正していく対策方法を考察することができるのではないだろうか。

 海を渡ってMLB(メジャーリーグベースボール)での審判の権威は日本をはるかにしのぐものと感じるが、MLBの審判団はミスをミスと認めている。
 例えばストライク、ボールのジャッジに関して1試合あたり6%のミスジャッジがあるということを発表している。
 6%ということは、大まかに計算すると、1試合あたり300球投じられるとして18球。
 1イニング表裏で、各1球ずつミスジャッジがあるという計算になる。
 このようにジャッジにミスがあるという事実を認めれば、それがどのようなケースに多いかという傾向を分析できる。
 例えばバッターの肩口から入ってくるカーブに対してミスジャッジが多いという傾向がわかれば、ストライクゾーンは3次元なのだから、ストレートとは違うアングルで覗かなければならないということが考察され、審判の立ち位置がかわり、かつそのために見えにくい変化球を持っている投手の球筋をあらかじめ把握しておくなどの対策方法がみえてくる。
 
 もちろんミスジャッジを0にすることは不可能と思われ、確立論として必ず存在し続けるだろうが、仮に6%を4%に減らすための次善策として考えるならば対策方法は見えてくるのではないか。


 今回の件で阪神岡田監督は昨日の巨人に続き、抗議文書に映像資料を加えて今日にも提出するとコメントしているが、果たして審判団からどのような回答が得られるのだろうか。
 
 シーズン開幕直前にWBCで世界一となり、その主力となった選手が大勢活躍しているにも関わらず、またもや人気が低迷しはじめている日本プロ野球。
 試合を司る審判団には、弾劾とまではいかないまでも、まずはミスをミスと認める体質というか風潮というかを構築していただければ、それに対しての対策、つまりは自浄作用が促され、ジャッジの精度や権威が向上し、すなわち日本プロ野球の人気回復につながるのではと考えるのであります。
 
  考えるだけですけど。




 それでは。



スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/11(金) 13:58:38|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やったぞ亀田?

  こんにちわ。
 

 
 昨日、抜いたエントリー(参照)を綴ったところ、友人のMから
 「思う事あんだろ?ちゃんと書いてみてよ。」
 とのリクエストがあったので早速。


 最高視聴率が50%を超えていたので今更ヤボですが、昨日2日プロボクシングWBA世界ライトフライ級王座決定戦12回戦、亀田興毅(日本、協栄)対 ファン・ランダエタ(ベネズエラ)が横浜アリーナで行われた。(一応こちら

 判定が試合内容に伴わなかったために、ちょっとした物議を醸している。

 試合開始から終始額を合わせながらの接近戦での打ち合いとなったが、1ラウンド終了間際、亀田選手がダウン。
 「効いとらんよ。入場の時から浮き足だっとたから。」
 と試合後亀田選手はコメントしていたが、平衡感覚を失いすぐに立てなかったことや、次のラウンド開始後の動きをみれば、ダウンは緊張によるものではなく、パンチが効いたからであることは、ある程度格闘技に興味があるものであれば誰でもわかる。 
 またラウンド終了間際で攻め立てジャッジの印象を良くすることは、判定にもつれ込むことが多い軽量級の試合では常套手段であり、そのラッシュでもらってしまった右フックが、決して ”たまたま” のものではないことは、その後のラウンドでも幾度となく下がる左ガードが証明している。
 
 亀田選手はキャラクター上、辰吉丈一郎選手とよく比較されが、ステップワークやスウェーでパンチをいなす辰吉選手とは違い、ガードを固め、その隙間から相手をみる ”ピーカブー” とよばれるスタイルだが、ランダエタ選手の極めてモーションの少ないジャブをガードの隙間から当てられていたし、ガードの上に受けるフックも踏ん張りきれずに幾度となくバランスを崩していた。
 また自分の武器をパワーとしてきたが、計量時にはほぼ0であったランダエタ選手との体重差は、試合開始までの戻りで3kgほど広がってしまい、テレビ画面からも肩甲骨周辺を中心とした体のサイズの違いは一目瞭然で、パワーでのアドバンテージもそれほどあったとは思えない。

 時折浴びせていたラッシュも、ランダエタ選手に歓声の少なさが印象を希釈していたが、同じ数、またはそれ以上の数を必ず返されていた。
 
 もちろん亀田選手が優勢だったラウンドもあったが、全体的にみればランダエタ選手が優勢なラウンドが多く、最終ラウンドの韓国レフリーの10・9で亀田という特に不可解な採点を含め、判定に何らかのバイアスがかかったことは明らかだろう。


 以前にWBCについてのエントリー(参照)でも触れたことがあるが、スポーツはフェアで実力勝負でなければならない。 
 単なる偶然かもしれないが、この試合で放映権を得たTBSが最近ちからを注いでいるバレーボールの国際試合も、日本で行われる時はひどいもので、ライン際にボールが落ちるシーンや、ネット際のきわどいシーンが、野球やテニスのようにリプレイされ検証されることはまずない。
 「サッカーと同じでホームが有利なんだよ!」
とかたずける ”俄か” がいるが、バレーボールやボクシング世界戦はやけに日本での試合が多い気がするし、バレーボールに限っては、たまにオリンピックなどの海外で開催される大会に出場すると、実力を見事に発揮して気持ちいいぐらいに惨敗する。 
 
 それらの競技を筆頭に、あからさまに偏った判定が、近頃スポーツ全般にあたりまえとして広がっているが、ホームの有利さはメンタリティーや環境面でのアドバンテージとして選手に自然に作用するもので、故レフリーの判定に故意に作用させるものではない。


 日本で開催されるバレーボール国際大会の試合会場に、ジャニーズファンが多いように、亀田の試合は亀田ギャルと呼ばれる女性ファンをはじめとした、競技をあまり知らないファンが多い。
 今までボクシングや格闘技、大きくいえばスポーツにあまり興味を持っていなかった層が流入し、それはそのシーンにとって、とても好ましいことであることは間違いないが、このような風潮では、
 「亀田選手は好きだけど、ボクシングってイマイチ。」
 あるいは
 「やっぱりスポーツも演出されたものなんだ。」
 という印象を与え、せっかく流入してきたファンも亀田の引退と共に過ぎ去ってしまい、それではPOLICE(ポリス)のサングラス仲間である ”ぺ様” と同様の、単なるブームで終わってしまう。
 

 今回の試合で、亀田選手やその取り巻きは、計量後の調整や技術、戦術を含めた多くのことを学んだ。
 それと同時の不可解な判定で多くの受け入れなければならない現実が誤魔化された。

 だが勝ちながら学ぶという、スポーツ選手として最も大切で難しいことを今回も成し遂げたことは事実であるし、亀田選手は素晴らしいアスリートであることは疑いの余地がない。

 弱冠19歳にして1つ目の世界タイトルを手にしたが、本人が抱える目標は、世界タイトル3つ。
 この試合の判定による影響が、それを達成するための好材料となるか悪材料となるのかは、これからの亀田選手やその取り巻き次第であり、現時点で判断するのは難しいのではないか。




 おいM、
 どんなもんじゃ~い!?
 
 
 それでは。




 おまけ

 一応セレクトショップ Golden Cloth のブログでもあるのでファッションアイテム豆情報です。
 亀田興毅選手愛用サングラスはPOLICE(ポリス)2819モデル。
 同じモデルをDavid Beckham(デビッド・ベッカム)、EXILE ATSUSHI(エグザイルアツシ)、新日本プロレス天山広吉も愛用してます。
 カラーによっては入手困難みたいですね。




テーマ:亀田興毅 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/03(木) 13:30:53|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2

欽ちゃん あんた大笑すぎるぜ!

 おはようございます。



 先日綴った(参照)茨城ゴールデンゴールズの解散の件ですが、欽ちゃんもお笑い芸人だけあってすぐに空気が読めたようで。
 昨日には、
 「野球するよ~」
 とコメントしております。

 まぁ例の解散宣言も、準備をして臨んだ記者会見の場ではなく、羽田空港で唐突に記者に囲まれるという状況でのコメントであり、お笑い芸人特有の条件反射的なリアクションも手伝っての恣意であった感は否めないからして、すぐさま撤回しても何も問題はないのでは。
 というよりむしろすぐさま撤回したほうが問題はないのでは。
 
 もちろん私も先日はきついことを綴りましたが、存続を嘆願する輩であります。
 んでもって欽ちゃんの撤回を楽にするようなアクションも始まったようで、ここ数日の喧騒が、結果スケールを大きくした ”くるりんぱ!” つまりは壮大なギャグとして、後に大笑いで済むことを祈りつつ朝っぱらから名を連ねておきました。 (署名ページはこちら)


 で、存続となれば将来的にまたトラブルも起こりえるだろうから、その時はこれほどまでに支援する者がいるということをふまえて、熟考のうえ対応して頂くよう願う次第であります。




 それでは。

 

 一応:リンクの署名ページのサイトは当方とは一切関係のないものであり、当方は個人情報の管理を含めて一切の責任を負いません。

 ゴールデン仲間ですけど・・・





テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/07/22(土) 08:59:06|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

礼節を欠く外国人力士

 こんばんわ。



 世界ではジダンの頭突きの一件が未だに討論され冷めやる気配がないが、ここ日本でもスポーツ界で新たな暴行事件が起こってしまった。

 15日の毎日新聞中部本社の写真記者らに対する露鵬の暴行である。
 露鵬は取り組みに敗れた直後から、何かが気に入らないといった態度をとり、土俵下で対戦相手の千代大海をにらみつけ、一礼をしなかった。
 さらにその後、会場の風呂場のガラスをたたき割り、撮影をしようとした各社のカメラマンを血まみれの手で殴りつけた。

 
 近頃どうも外国人力士の行いの乱れが目についてならない。

 番付けに目をやると、幕内力士の外国人の割合が場所ごとに増えてきている。
 Jリーグの得点王争いも外国人だらけだが、得点を奪うためにはエゴイズムが必要で、日本人はそれを持ち合わせていないためと解釈する。
 一方大相撲では、サッカーで得点を奪うためのエゴイズム以上に、体格がものをいう世界なので、幕内の外国人力士の割合が増えているのはいたしかたないかもしれない。

 しかし外国人力士の数に比例して、礼節に反する行為や発言が増えてきているのは問題である。

 今場所はこの一件以前にも、稀勢の里や把瑠都が土俵で相手に場違いなにらみをきかせていたし、過去にも朝青龍と旭鷲山とのモンゴル出身同士での土俵の外での言い争い、それ以外にも取り組み後にロッカーや壁を殴る力士がいたらしい。 
 これは体格を武器にスピード出世したものはいいものの、強さに反して日本文化への理解が備わっていないからではないだろうか。
   
 そもそも相撲界では、勝ったとしても負けたとしても、感情を表に出さないのが美学であり礼節が美学であり慎みが美学である。
 これはマクロでみれば日本文化そのものであり、今回の一件も、それを十分理解していれば起こりえなかっただろうと考える。
 また土俵はそもそも格式や伝統を重んじた神聖な場所で、横柄な態度はもちろんだが、一部の外国人力士がみせる勝ったときのガッツポーズでさえも、あの場所にはふさわしくないと感じる。


 今回の一件で、露鵬は3日間の出場停止。
 出場停止処分は1943年に無気力相撲に対して科された例があるが、相撲協会の規則では、その他の行為について力士に対する罰則に出場停止は含まれてはいないため、今回の日本相撲協会の処分は ”異例の重いもの” とのことだが、事の発端が相撲を含めた日本文化を理解していなかったからというものであれば、たかだか3日間の出場停止で解決できる問題とは思えない。

 露鵬には、この際1年ほど土俵を離れ、京都を皮切りにロンリープラネットを片手に日本中を行脚し、ワビ、サビなどの日本文化を学んでいただき、理解を同じ外国人格闘家のニコラス・ぺタスのレベルあたりまで深めていただきたい。


 そして来年の名古屋場所で土俵に戻った際には、取り組み後の風呂場で修復されたガラスに己を映し、今回の一件を今一度省みてはどうだろうか。



 それでは。




totiazuma.jpg


外国人に負けるな 栃東関!
現在 土つかずの8連勝中!






テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/07/17(月) 02:24:48|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頭突きから人種問題を考える

 こんばんわ。



 ワールドカップも幕を下ろし、ようやく本来の生活を取り戻してまいりました。

 勝負が着きスッキリしたいところですが、ここにきてジネディーヌ・ジダン選手の例の頭突きが大問題となっています。
 ここまでの問題となると、ジダンの
 「シャツが欲しけりゃ後でやるよ。」
 に対して、悪童が何を言ってくれたのかが克明に発表されるのは時間の問題ではないでしょうか。

 まぁジダンは素晴らしい技術の持ち主ではあるが、リネカーのような紳士的な面を持ち合わせている選手ではないし、選手間でのこの手の挑発はよくあることで、内容は人種ネタか母ちゃんネタかで相場は決まっている。
 騒いでいるほど大した問題ではないと思考停止も視野に入れたのだが、私、ちと考えてしまった。


 我々日本人には馴染みがなくあまり実感がわかないが、世界における人種差別は相変わらず相当なもののようで、決勝トーナメントの試合前に、国歌と同じ並びで両キャプテンが人種差別排除をマイクスピーチで訴えるという、このアクションからみてもその根強さは読み取れる。

 私は今大会の決勝戦は、友人宅にお邪魔しての観戦であったが、フットサル仲間のギニア人も同席だった。
 彼は自国が出場していないものの、アフリカ勢を我が国のように応援していた。
 決勝トーナメントの1回戦でガーナが破れ、アフリカ勢が全て敗退すると、次はひたすらオランダの負けを祈っていた。
 オランダ代表は、毎回優勝候補に挙げられながらも毎回どこかでコケてしまう。
 その理由として、必ずチーム内での人種差別の問題があげられる。
 その問題を回避するためか、今大会のオランダ代表は、監督、そして選手を白人で統一してきたのだが、その手段が黒人の彼には許せなかったらしい。 

 そして彼は決勝戦になるとフランスを応援した。
 夜中3時にも関わらず、私の携帯電話をジャックして
 「フランス応援しろよ!」
 と、選挙期間中の公明党支持者のように友達に電話をかけまっくっていた。
 で、その理由もやはり、アフリカからの移民が選手の大半を占めているから。
 
 世界では、彼をはじめとした多くが、 ”プレイスタイル” ではなく、 ”人種” で支持するチームを決めているのだと感じた。


 今現在のところまだ推測レベルではあるが、今回の頭突きの一件も、マテラッツィの人種差別的な発言が原因であることは濃厚。
 そんでもって先ほどブラジルでも大半がヨーロッパーのクラブチームに属する代表選手を移民扱いして、こんな法案を提出する輩まで現れちまって、人種だけに留まらず、生活拠点でも差別というか区別というかがはじまっちゃう始末で、国籍なんかも意味が薄れてきている昨今、この際レイシャルカップ(RacialCup)でも開催したら、彼等の同人種に対する愛情と異人種への嫌悪の強さからして、ワールドカップやチャンピオンズリーグ以上に盛り上がっちまうんじゃないかと思う次第であります。


 先日、セルビア・モンテネグロ情勢で綴ったように、上か下かという差別はいかがなものかと考えるが、人種や宗教、民族などを気にせずに統一するべきか、ごとに別けるべきかは、引き続き難しい問題と感じる私がおりましたとさ。




 それでは。



テーマ:FIFA World Cup 2006 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/07/13(木) 02:30:21|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
次のページ

おすすめ商品

プロフィール

Golden Cloth

Daiju Kanzaki
Power Level

過去の記事一覧

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。